女性とのデートに自信がないあなたへ

女性がデートに来るという事はあなたに多少は興味がある可能性が高いんです。
だから女性とデートができた事に対して自信を持ってください。
それでも自信が持てないのなら、成功のイメージをする事やデートの準備をしっかりやっていく事で自信を持つ事ができます。
デートする場所のリサーチ、デートプランをしっかり立てる、デートで会話する内容もある程度は考えておくなど、準備できる事はたくさんあります。

準備をする事で
あなた「これだけ準備したんだから大丈夫」
と自信と余裕を持つ事ができるようになります。

女性と付き合うためには必ず告白しないといけないと思っている男性も多いですが、実は告白せずに付き合っているカップルというのはたくさんいます。
じゃあどうやって付き合っているのかというといい雰囲気になって、いい感じのムードの中、キスをして・・・というような自然な流れで告白せずに付き合う流れで付き合っているカップルがいます。
付き合ってからでないとGETしてはいけないと思う男性もいますが、そんな事はありません。
別に告白しないと付き合えない事はありませんし、付き合わずに女性をGETする事は可能です。

だから絶対に告白しないといけないという事はありません。
ですから自然にGETできそうな流れや雰囲気になった場合はGETしてから付き合うという流れにしてもいいです。
絶対に告白しないというのではなく、GETしてから付き合う事も可能だから柔軟に状況に合わせて対応してください。

またマメ知識ですが告白 ⇒ GET よりも GET ⇒ 告白の流れの方が簡単です。
ただ、注意点としては女性をゲットした後、一気にテンションが下がってしまう事があります。
そうなってしまうとせっかく付き合いたいとい気持ちがあったのにその気持ちがなくなってしまうなんて事もあります。
だから時間をかけて付き合ってから付き合った方がいいと私は思います。

いい人からの脱却
いい人とは優しいだけの人だったり、なんでも女性の言う事を聞く人、いつも女性の意見に合わせるなどのような男性です。
また男女関係になることができず、いつまで経っても友達以上に発展しない人の事です。
いい人から脱却するにはどうすればいいのか?
それは女性の意見に合わせ過ぎないようにする事だったり、あなたの世界に女性を連れて行ってあげたりする事です。

デートの主導権を握ってあなたの行きたい場所に女性を連れて行ってあげる・・・
こうする事であなたという人間を女性に見せる事ができるのです。
いい人と呼ばれてしまう人は自分の意見がない場合が多いため、あなたという人間を女性に伝える事ができないのです。
ですので、女性に遠慮したり、気を遣い過ぎてしまったりしないようにしてください。

女性があなたとデートするという事はあなたがどんな事が好きで、どんな場所に連れて行ってくれるのか?という事に興味を持っています。
だからあなたの世界で女性を楽しませてあげられるようになってください。

女性があなたとデートをしてくれるという事は?という女性の心理を探っておきましょう。
今週末、あなたは女性とのデートの予定があるとします。
どーして、その女性はあなたとデートしてくれるんでしょう?

女性はデートしてくれる理由
あなたがカッコいいから
あなたが好きだから
あなたに興味があるから
暇だから
なんとなく

デートでは、相手の女性の心理を知っていないと空気を読みはずす可能性が出てきます。
女性が誘いに OK してくれたって事はつまりデートに来てくれるからあなたの事が「好き」って訳ではありません。
そう思う事は本当にもったいないです。
私も今までのデートでついつい浮かれてしまいデートが、パァーになった事は私自身も忘れられません。

あなた「どーせ、俺はこの女性と付き合えない」
などと思って
あなた「無理だ無理だ」
と考えていると実は、その女性はその人に興味があった。
なんて話なら、良い話ですが、逆に
あなた「デートに来てくれたという事はこの女性は、俺の事が好きなんだな」
と決め付けてしまったお陰で、調子に乗った自分を見せてしまって
あなた「なーんだ、こんな人だったのか」
と思われてしまった場合ならどうですか?
すごく、損な話です。

自分が浮かれずに女性の気持ちをもっと理解しておけばせっかく付き合えたかもしれないのに弱気な部分を見てしまった為、浮かれて調子に乗った自分をみっせてしまった為、女性が「がっかり」してしまっては、もしかすると上手くいった可能性もゼロになってしまいます。

なので、女性が何故デートの誘いを OK してくれたのか知っておくべきなのです。
あなたの何に何処にどれ位、興味があるのか考えてください。

女性があなたに興味がある例
話がおもしろかった
共通点がいっぱいあった
見た目がカッコよかった
尊敬できる
頼りになる
そして、誘った時の状況やその時の女性の様子などにも大切なヒントがあるはずです。

このページの先頭へ