初デートでは女性を楽しませることが必須!どうすればデートが盛り上がる?

警戒心を解いた後の盛り上げ方が重要です
せっかく、警戒心を解いたんですからもっと女性をデートに(あなたに)夢中になってもらわないといけません。
ただ単純に警戒心がとれたんですからもう一度警戒されないようにすれば良いだけです。

けれども、一度楽しいと思ってからその場が面白くなくなると女性が、夢から覚めたようにつまらないと思ってしまいますから充分に気を付けて置いた方が良いです。
デートに夢中になると言う事は、あなたに夢中になる事に近寄っていくわけですからなんとしてでも女性のテンションを下げるわけにはいきません。
そのために上手く女性と会話ができるんであればカフェなどでしゃべり続けて口説くという事も有りですが、会話だけではそこまで楽しいと女性は思ってくれません。

それよりも女性と共感できる事を探してください。
つまり、警戒心を解いた後は女性との関係を繋ぐのです。
関係を繋ぐためにはまずは、息の合った会話をするということです。
女性の警戒心が解けてもあなた自身が、腹を割って接しなければまた女性も警戒心を抱いてしまいますから女性が警戒心を解いた後は、あなたからどんどん話しかけていきましょう。
ハッキリ言って会話の内容は特に決まったものではありません。

でも、せっかくですから、私が使うトークを参考にしてみてください。
私は何度も確かめます。
女性「いやー私君っておもしろいねぇ」
私「いやー、○○さんには負けますよ・・・」
女性「よく言うよね~」
私「あははっ!ホントだね~」
私「あのさぁ、こんな事聞いても良い?」
女性「何々?」
私「俺と何でデートしても良いと思ったの?」
女性「なんでって言われても?」
(女性が本気で応えてくれるかをこの時の反応を必ず見て空気を読んでおく。)
私「なんで?」
女性「いや、行っても良いかなぁと思ったから・・・」
私「ふーん。嫌々じゃないよね?」
女性「違うよ」(ここを言ってもらう)
私「ほんとに?よかったぁ(^^)俺、もし嫌々なんとなくって気持ちで来てるんだったらど―しようかぁ~って思ってたから絶対に聞いておきたいなぁって思ってんだぁ。いきなり聞いてごめんね」
女性「うーうん。大丈夫」
私「じゃ、今日は楽しもうね」
女性「うん」

この様に話しておく理由なのですが、遠まわしに女性には、もう私が真剣に女性の○○さんが、好きだと伝えています。
この様に話しておけば女性もその私の気持ちに好き嫌いは別として合わして会話をしないといけない気持ちになっていきます。

私は、白黒をハッキリさせたいタイプなので女性に好きだと言う気持ちを伝えておいてから女性の態度や行動を確認していきます。
そうすれば、私に合わせてくれる女性なら警戒心が解けたとわかりますし、もしかすると女性も警戒されたくないのかな?という事も分かってきます。

あなたの言葉を無視したり話しかけられて困っていたりする女性ならまだ警戒心があり興味という関心は余り無いとはっきりしてきます。
それにまだ、ハッキリ
男性「好きだ」
と伝えたわけでは有りませんから後で好きになってもらう為の修正が効きますし自分自身をどの様に思っているかを確認しながらデートを進行できますからこの様な女性のそぶりを参考にしてください。
そして、少し真面目な話をした後ですから気持ちを切り替えてデートに強弱の変化を付ける意味でも明るい話題を持ちかけるとか、またまた女性の服装などを褒めてあげるような雰囲気に変えてください。

強弱って何の事?
と思った方が多いと思いますので、説明します。
例えばですが、学生の頃、だらだら長々話が続く授業をどう思いましたか?
凄く眠たくなるような授業じゃなかったですか?
デートもそれと同じです。

恋愛的な真面目な話しばかりしたら
女性「この人重いなぁ」
と思われたり異常なくらい
女性「そんなに私の事が好きなんだ~」
と思われてしまい女性をつまらなくさせてしまいます。

女性をドキドキさせなくてはいけないのに、これじゃあ女性が男性の話や行動に世話を焼かなければいけなくなってきても仕方ありません。
これでは、女性をメインに気を配るどころか女性に相談をしているような感じになってしまいます。

まして、少なくても女性は
女性「今日楽しい事が、何かあるかな?」
と期待してデートに来ているわけですから重い会話ばかりされても面白くありません。
しかも、あなたとの最初のデートという事で充分緊張感があってドキドキしているわけですから長いトークで場の雰囲気を冷ますような事をしてはいけません。

やはり、会話と言うものは自然にするものであって、わざわざ聞き込むように話を進めていかないようにしましょう。
後、会話の中で NG なのが女性に会話をもちかけられてばかりになる事は無いようにしましょう。
例えばですが、極端な話ある男性が、女性の話ばかりをずっと聞いていたとします。
そして、話し終えた女性が、心の中で
「すっきりしたー」
と思ってしまった後に女性が
女性「もう帰ろっか?」
って言っている状況って思い浮かびませんか?

こんな場面が初めてのデートで起こってしまったら嫌です。
あくまで極論ではありますが、会話のペースを譲りすぎてしまうと、そうなっても仕方ありません。
男として最初のデートと言うのは、自分から作ったせっかくのチャンスなのですからやはり、自分をアピールしたり、女性に自分の良さを知ってもらう場所に使わないと損です。
だからと言ってペラペラ自分事を話しっぱなしになって女性の話を一切聞かない事ももちろんよくありません。
聞き過ぎてしまう事も良くなければ、話し過ぎることもよくないんです。

あなた「なら、どうしたらいいんだ」
って思いますよね。
聞き上手が話し上手って言葉があるように相手が居なければ人の話しを聞く事もできなければ話す事もできないんです

まずあなたから話し出す

女性に返事をもらう

あなたから話し出したんだからまた言葉を返す

そして、女性が話しやすいようにまた言葉を投げかける
そしてどんどん会話を膨らましていく感じになれば、そこまで会話に気を使う事もありません。
デートでは、人間関係が近寄っていく事と平行線に会話のリズムも弾んでいかなければいけません。
つまりお互いが話し易い関係になっていないといけないんです。
言いたい事を言い良い易い関係と言うのでしょうか。
良い雰囲気にはその様な居心地の良さが必要になってきます。

このページの先頭へ