女性をデートに誘ってみよう!女性をデートに誘うときのポイントは?

女性に全てでは無くとも警戒心が解れ安心感を持ってもらい、楽しく話せる関係にまでなれたら後は誘うだけです。
誘い方は可能なら電話の方がいいですし、メールで誘ってもいいです。
相手の趣味などに合わせた場所に誘うのがOKしやすいです。
またハードルの低いもの方がOKはしやすいです。

例えばお茶だけなどのような短かい時間しかないものだったり、近場だったりなどです。
デートに誘うのが人によっては1日、10 日、1 ヶ月、一年・・・と、月日はかかっても
あなた「よし、今度の週末にデートに誘おう」
と思えたとします。
実際、私の経験則ではありますが時間がかかればかかるほど良い人間関係が築けました。

あなた「今度の週末○○に一緒に行きませんか?」
女性「はい。いいですよ」
となれば、多少しつこいくらいに
あなた「本当に!良かった!・・・絶対、約束ね!」
と、女性に真剣さをアピールしておくほうが良いです。
その後は、重くなり過ぎないようにデートの内容について二人で話し合ったりして明るい雰囲気で締めます。

電話でも・出会って直接でも・メールでも、デートに誘った後は暗い雰囲気を見せないでください。
お互い相手が初めての人とデートをする訳ですから少しの不安や知 らない事情も持っているわけですから暗い雰囲気を出してしまうと デートへの期待が、不安に負けてしまう可能性があります。
女性「楽しくなさそう」
と、思われそうなら誘う事は延期にするか、もっと誘える人間関係ができるまで女性を振り向かせる努力をしてください。
ですが、私の説明してきた通りに事が進んできているならデートの誘いを断られない確信があるはずですから
「今ならデートにくらいなら来てくれる」
と自信をもって誘ってください。

合コンや飲み会など出会ったばかりで気になっていた女性を誘って上手くいきそうな場合
女性の中には、良い意味で返事に困ってしまう女性もいます。
1.女性「えーっ、なんで?」
2.女性「いきなり?」
3.女性「私に言ってるの?」
4.女性「嘘ー?」
って感じで、あなたは
あなた「もしかして、嫌がられてんの?」
って取ってしまうかもしれませんが、自信があれば、多少押しが強くなってもその様な女性には、強引だと思われませんし、そんな時こそ落ち着いて女性の裏腹な気持ちに気付いてあげて
あなた「そうだよ!○○ちゃんに言ってるんだけど・・・。嫌な気持ちにさせた?」
って言葉で冷静さをアピールしてください。

ここは、男らしさや・真剣さを絶対的にアピールする場所です。
女性「嫌って訳じゃないけど・・・。いきなりでビックリしたと言うか・・・」
あなた「ごめん。いきなりだったかな?1回二人で会ってみたかったから・・・」
女性「なんか、恥ずかしいね」
こんな感じに誘いの重みが出てくれば GOOD です。

後は、女性の週末の都合しだいスムーズです。
結構知り合ってから長い時間連絡していた、とことん仲の良い女性が相手なら
あなた「今度の週末空いてる?デートしない?」
女性「またまた~」
あなた「嫌?マジで行かない?」
って感じで最初、疑った感じで返答されますが、これも良い感触です。

女性に「何かあったの?」
って感じに取られるくらい仲のいい人間関係です。
ハッキリ言ってここまで仲良くなるにはそれまでにそこそこの付き合いが無いといけません。

これも時間をかけて警戒心や安心感を与える事ができたお陰で、女性が男性の話を聞きやすい状態だと捉える事ができます。
正直、好きだと伝えてもおかしくないくらいの時間は、過ぎています。
女性もこんなに長い間、何も言ってこないと言う事は、
「ただの友達か」
と思っていたかもしれないくらいの男女関係です。

もちろん、出会ったばかりでも
女性「はじめて会ったって感じがしない」
とか
女性「前からの知り合いみたい」
などの親近感を感じてくれる女性もいます。
この様な時でも短い時間でかなり会話のしやすい人間関係を築ける時もありますから、そんな時も誘いやすい状況になったりします。
もちろん、週末の女性の都合も関係します。

この様にデートへ誘って成功するパターンは、
女性「えっ!なんで?私?」
って感じでワンクッションが入り
あなた「嫌?」
と言う言葉で女性に真剣さをアピール
女性「嫌とかじゃないけど・・・」
女性にも真剣さが出てきます。

あなた「じゃあ、週末大丈夫かな?時間空けてください」
女性「わかった。いいよ!今のところ予定ないよ」
って感じになります。

ここで思い出してください。
これもイメージですが、今あなたが好きな女性を誘った時に私が話したようなパターンで上手くデートに誘えますか?
上手く当てはまりそうだと思えば是非、チャレンジするべきです。
私がそばに居れば色々と聞いてアドバイスできるんですが、あなたの洞察力と直感、そしてイメージが頼りになりますから自信がある方なら是非頑張ってください。

何度も言いますが、鮮明な確信のあるイメージを作ることがデートを 成功させる秘訣ともいえますから過信ではなく女性を振り向かせる 努力の結果だと思ってください。
*過信は、あくまで相手の女性を無視してしまった、自分よがりの思い込みですから確信とは言えません。そこだけは、必ず注意してください。

デートへ誘うためには、あなたと女性の関係がどの様な成り立ちでないといけないか?はわかりましたか?
まだ、分かっていないという方も全体を通して読んでから解るという場合もありますのでここで立ち止まらずに先にも進んでいってください。

デートに誘うコツ

デートに誘うには話の流れを作る事が大事です。
例えば最近、話題の映画の話をしていて、まだお互い観てない事がわ かった場合などその流れで映画に誘えます。
映画の話 ⇒ 映画に誘う
最近、話題の店の話 ⇒ 話題の店に誘う

メールよりも電話の方がリアルタイムのやり取りのため、流れは作り やすいためお勧めです。
これは2回目のデートに誘う時も同じです。
2回目のデートに誘う時は1回目のデートの時に2回目のデートに 使えそうな場所の話をします。

この時に女性に
女性「行ってみたい」
と思わせたり、言わせるのがポイントです。
その女性の好みの場所などを把握しておくのももちろん大事ですが、 1回目のデートで好印象を持ってもらわなければ、女性がその場所に 興味を持っても2回目のデートはできません。

・ポイント
デートに誘うには話の流れを作る事が大事
メールよりも電話の方がリアルタイムのやり取りのため、流れは作りやすい
女性の好みの場所などを把握しておく

女性とのメールで失敗しないために知っておくべきポイント

簡単にですが、メールのやり方を書いておきます。
メールのファーストメールはリアルでの出会いで出会った場合は出 会った時に話した内容をメールに入れます。
そして、メールの注意点としてはミスメールを送ってしまった場合、 会話よりも修正が効きにくいという点です。

メールの場合、女性は気軽に無視する事ができます。
だから女性の心理状況を理解してメールを送るようにしてください。
メールでその日のでき事などを送るのは仲良くなってからにします。
何故なら、あなたに興味がなかったり、距離が深まっていない時にあ なたのその日のでき事を知りたいとはなかなか女性が思わないから です。

また
メールはいつ返すのがいいのか?
絵文字は使った方がいいのか?
という事ですが、相手の女性によっても答えは変わります。

メールを毎日するのが好きな寂しがり屋の女性の場合はすぐにメー ルをすると喜びますが、余りメールしない女性の場合はこちらも時間 を空けてメールするべきです。
絵文字は基本的には女性よりも少なめにした方がいいです。
相手の女性がどれだけの量の絵文字を送ってくるのかによって絵文 字の量を調整してください。
またメールの件名はつけない方が無難です。
男の癖にそこまで丁寧にしなくていいんです。
あなたが丁寧だったら女性も丁寧にしないといけないと思う、メール がしんどくなる可能性があります。

・ポイント
ミスメールを送ってしまった場合、会話よりも修正が効きにくい
絵文字は基本的には女性よりも少なめにした方がいい
メールの件名はつけない方が無難

このページの先頭へ