デート当日、待ち合わせでの重要なチェックポイントは?

彼女を作るためのデートをするという目的にかなりの下準備の説明をしてきました。
その日のデートのイメージに自信はありますか?
自信のある人もない人も当日・本番になってしまえばデートは同じように始まってしまいますが、どうですか?

私が、今までに話した事を実際にイメージの中で行動・準備してくれましたか?
何度も確認しますが、そのイメージの中で
「女性はあなたと楽しくデートをしていましたか?」
そして、デートの最後に
男性「来週もデートしよう」
と言う返事に
女性「いいよ」
女性「うん」
と、応えてくれていましたか?

イメージが上手くいっていたなら OK です。
先へ進みましょう。
まだ、イメージが浮かんでこない方はもう一度イメージを作りなおしてください。
少なくてもこの時点で 60%~100%くらいの成功したデートのイメージが必要になります。
本当の当日になってしまえば、自信が有るも無いもどうしようもありませんが、今はイメージ作りです。

もちろん、自信の有る方も準備の整理とデート当日の空気を把握し直してください。
それからがデートの本番です。
それでは、待ち合わせの場面からスタートです。

待ち合わせ時間前の連絡

あなた「○○さん、今日は○○駅の改札を出たところに○時に待っているね」
女性「わかった」
あなた「楽しみにしてます」
必ずデート当日のせめて出会う前1~3 時間前に連絡を取り合います。

ここもできれば女性から連絡をくれるくらいの仲になっておいて方が良いんです。
もし、女性から連絡が来ない場合は、自分から連絡をしてでも良いのですが、この連絡の重要性は、女性のデートの約束に対してへの意識を確かめておく事と、出会った時になるべく緊張を上げるためです。
そうする事でドキドキしてきます。
※この連絡はデートではなくても、友達と出掛ける時にする連絡のようなものです。

ただ、土壇場でしつこすぎる連絡は、女性に
女性「来るか・来ないかをいちいち確かめられている感じ」
と嫌な気分にさせてしまう場合もありますのでできるだけ女性からの連絡が来るようにしておくべきです。

女性が休みの日であれば
あなた「家を出る時に、メールか電話で連絡くれない?」
と前もって言っておくべきです。
仕事帰りに待ち合わせでも同じ風に
あなた「仕事が終わったら連絡くれない?」
と言う風に前もって連絡の約束をしておきましょう。

逆にこの約束もできないくらいのデートなら成功率は低いと認識しておいた方がいいでしょう。

直前の連絡
女性「後、20 分くらいで着くと思うよ」
あなた「わかった!約束した場所で待っているよ」
ここでなんですが、必ず先に待っていなくてはいけないと言う訳ではありません。
遅刻は絶対に NG ですが、少しくらい待っていてくれる女性の方が、女性のデートへの期待感が窺える場合がありますのでわざと遅れていくという事も期待感を誘う意味で行ったりします。

この場合は、女性が
「絶対にデートを楽しみにしているから少し遅れていってみよう」
という理由の余裕がないといけません。

今回は、先にあなたが待っているパターンで話を進めていきます。
・ポイント
デート当日のせめて出会う前1~3 時間前に連絡を取り合う

このページの先頭へ